お風呂リフォームの基礎知識

長らく住まわれて老朽化した箇所や、中古物件購入の際の一新に候補に挙がるひとつにお風呂リフォームがあると思います。せっかくリフォームするなら、便利で快適なお風呂にしたいものです。お風呂リフォームを施す前に必要な基礎知識を学んで行きましょう。まず、お風呂は身体を洗うだけではないリラックス空間である、ということです。

給湯器やシステム、浴槽の機能的な部分はもちろんですが、くつろげるゆったりした空間作りも大切になります。以前は0.75坪の浴室が多かったのですが、現在は1坪以上の浴室が増えました。また外壁面に大きい窓を設置して開放感を得るなど、さまざまな工夫が施された空間が提供されています。次に、床素材は滑りにくいようにしましょう。

浴室の床は大抵水や石けんで濡れていることが多く、滑りやすいです。当然衣服をまとっていないため、ケガもしやすいです。お年を召されたご家族は特に危険です。滑りにくい素材を選んだり、体勢を変える場所に手すりを取り付けたり、アクリルパネルを採用するなど、お風呂リフォームには事故対策をとることも必要です。

そして、掃除をしやすい構造にしましょう。システムバスなどでは、タイル目地がないためカビ発生率も減るため掃除が楽です。またシステムバスには、排水口にたまった髪の毛やゴミを、お湯を抜くことで自動的に集める構造がなされていたり、と至れり尽くせりです。日常使いで欠かせない浴室だからこそ、日々のお手入れが楽になるよう設計にも力を入れたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *