岡崎のトイレづまりの原因

岡崎でトイレづまりの原因となるのは、うっかりペンやアクセサリーなどを便器に落として流してしまうなどです。ところがトイレづまりには、岡崎でも意外と「流してはいけない」ことを知らずにトイレで処理してしまうことも関係しています。トイレに流して良いものは人の排泄物やトイレットペーパー、そして水が基本です。トイレットペーパーがないときに、同じ柔らかな紙だからとティッシュペーパーを利用するのも実はトイレづまりの原因になります。

ティッシュペーパーが詰まるのは構造が違う為で、トイレットペーパーは短い繊維で作られているため水で流すと崩れますがティッシュペーパーは繊維が長いので崩れません。もうひとつ、ペットを飼っている家庭ではその糞をトイレに流すことがあり、これはトイレづまりの原因のひとつです。犬や猫の糞は人間のものと性質が違っていて水に溶け難く、そのうえに動物の毛が混ざっているので流れては行きますが、排水管のなかで引っ掛かり徐々に蓄積されて悪化させることになります。便器に近い部分で詰まっていれば軽症のうちにラバーカップで解消出来るかもしれません。

ですが排水管の奥であれば、岡崎の専門業者に依頼することが必要となります。ペットの排泄物は一般ごみとして処理しましょう。また病気で吐き気があるときにトイレに駆け込みますが、これも詰まる原因です。余裕があればビニール袋などを用意して、そこへ吐き出すようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *