一宮でトイレづまりを直す

一宮のトイレづまりは軽度なら自力で解消することができます。トイレットペーパーや排泄物といった水に溶けるものが原因でつまっている場合、お湯を使ってみると良いでしょう。これは道具がほとんど必要ありませんし、だれでも簡単にできる方法です。まずは便器内の汚水をできるだけ汲み出し、水を減らしておきます。

そして、お湯を少し高い位置から便器内にゆっくり注いでいきましょう。これを2~3回繰り返したら、1時間程度放置しておきます。その後水を流してみて流れるようになれば、一宮のトイレづまりは解消されたことになります。ちなみに、この時に熱湯を使うのは良くありません。

熱湯を使うと便器が割れてしまうことがあるので注意しましょう。40~60度くらいのお湯を使うことがポイントです。重曹とお酢を使い、一宮のトイレづまりを解消する方法もあります。重曹とお酢は普段から家に置いてあるという人も多いでしょう。

また、家になくてもスーパーやドラッグストアなどで簡単に購入することができます。便器内の水位が高くなっている場合、事前に汚水を汲み出しておきましょう。また、便器の電気コードを抜いておくこともポイントです。最初に重曹を便器内の水の中に落としていきます。

そして、お酢をその上から流し込んでいきましょう。最後にお湯を入れると泡立ってくるため、このまま1時間程度放置しておきます。1時間放置したらバケツに入れた水を少し高い位置から流していくだけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *