一宮のトイレづまりの原因

一宮のトイレづまりが起こった場合、日常生活に支障をきたすことがあります。つまってしまうことには原因がありますが、ある日急に起こってしまうこともあるので注意が必要です。一宮のトイレづまりが疑われる症状としては、水が流れないというものがあります。水の流れが悪くなったのを見て初めてつまりに気付くという人も多いでしょう。

水の流れが悪いのはタンクに問題があることが多いです。タンクに問題が発生すると流れる水の量が少なくなりますし、さらにつまりが起こりやすくなります。中には節水のためにタンクにペットボトルを入れている人もいるかもしれません。しかし、この方法は正しい節水方法ではありません。

ペットボトルを入れてしまうと汚水を流すために必要な水が確保できませんし、結果的につまりを引き起こすということです。水位が普段と違う時も一宮のトイレづまりが起こっている可能性があります。奥に何かがつまっていると水位が下がってしまうことがありますし、逆に水が溜まり過ぎてしまうことも考えられます。まずはレバーを回し、水が勢いよく流れるかどうかを確認しましょう。

水位がさらに上がった場合、つまりの可能性を疑った方が良いかもしれません。しかし、つまりを取るために水を何度も流してしまうのは良くありません。何かがつまっていると水が便器からあふれ出してしまうこともあります。レバーを回して水位が上がってしまった場合、水を流す以外の方法でつまりを取り除くことが大切です。

ラバーカップを使った方法やワイヤーブラシを使った方法を試してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *