瀬戸市の専門会社が実施してる排水管つまり修理の概要

キッチンや洗面台・浴槽と言った水回り設備には必ず排水管と直結させるための排水口が備わっています。

これは水を使用すると必ず汚水が生まれるからであり、不要な汚水は各自治体が敷設している下水道へと流さなくてはいけません。排水管とは各住居の敷地内にある配管のことを指し、下水道へと汚水を送るための通過点と言い表せます。この排水菅の直径は4cmとJIS(日本工業規格)で定められており、比較的細い管となっているのが特徴です。水を流すだけであれば問題はないのですが、一般家庭の場合はキッチンだと野菜の切れ端・浴槽なら髪の毛など異物も一緒に流しやすいものです。排水管つまりが起きた場合は早急に修理をしないと室内にまで汚水が流れ込む恐れがありますが、専門修理会社を頼れば短時間で解決してくれます。

愛知県第2位の人口を有する瀬戸市では、全国でも類を見ない画期的な方法で排水管つまりを修理している会社があります。その画期的な方法とは高圧洗浄機を使用した修理で、地中深くに埋められている配管を掘り起こさなくてもつまりを解消できるのが特徴です。一般的なつまり修理の場合、必ず地中を掘り起こして配管内を洗浄しなくてはいけませんが、この場合は工期が2日以上となって効率が悪いものです。ところが瀬戸市にある専門会社の場合は、排水口に高圧洗浄機を装着して約2、100hpの水圧を掛けること、で配管内につまっている異物を瞬時に下水道へと押しやることが可能です。2020年6月時点で高圧洗浄機を用いた排水管つまり修理をおこなっている専門会社は、瀬戸市内に計26件あります。全体の約40%の会社で実施されており、この地域のみでしかなされていない修理方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *