蛇口直結型と据え置き型浄水器はどちらが良いか

水道水に含まれている塩素や有害物質を除去出来る浄水器ですが、これは蛇口直結型と据え置き型のどちらが良いのでしょうか。

アンダーシンク型という選択肢もありますが、ここでは蛇口直結型と据え置き型について比較していきます。蛇口直結型の浄水器を使う利点は、なんと言っても手軽に取り付けられる点です。蛇口の大きさに合っている物を購入して取り付けるだけなので、かなり簡単に出来ます。また、据え置き型と違って場所を取りませんので、シンク周りが狭い人にもおすすめです。

とにかくお手軽に浄水器を導入したい人は蛇口直結型が良いでしょう。また、値段が安いという点も放っておけません。なんと安い商品でしたら3、000円台から購入が可能です。しかし、カートリッジの寿命が短いという欠点がありますし、浄水性能が据え置き型よりも劣る商品が多いという欠点もあります。

据え置き型の浄水器を使う利点は、浄水性能が蛇口直結型よりも高く安定しているという点です。この性能が高いと、より多くの塩素と有害物質が取り除けるので、本格的に水道水を綺麗にしたい人にはこちらの方が良いでしょう。値段が3万円以上はしますので、どうしても値が張ってしまいますが、カートリッジの寿命が長く、なんと1年持つ物もあります。

場所を取ってしまうという欠点はありますが、それを補うだけの浄水性能とカートリッジの寿命を持っています。どちらにも利点と欠点があります。値段と手軽さを取るか、それとも性能を取るか、どちらにした方が良いのかは、消費者次第なので、比較してよく考える事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *