据え置き型浄水器の長所と短所とは

ほとんどの人は浄水器を購入する際に蛇口直結型か据え置き型、もしくはビルドイン型を選ぶ事になります。

他にもありますが、売られている商品は大体この3つです。据え置き型は、その名前の通りシンクの上に置いて使うタイプ。蛇口直結型は蛇口に直接取り付けてそのまま使うタイプ。ビルドイン型は少し特殊で、シンクの下に設置するタイプです。工事が必要になる事もありますので、設置する際にはそこの費用を考えなければいけません。

据え置き型の浄水器の長所は、何と言っても手軽に使い始められる上に性能がそれなりに良いという所です。値段も安い物でしたら1万円くらいなので、そこまで手が出ないという物でもありません。性能を求める場合は3万円ほどしますので、少し出費が出てしまいますが、その価格帯は性能がかなり高いのでそれに見合った物が得られます。

取り付け方法ですが、個人でも出来るレベルの物なので、業者に依頼する必要は一切ありません。その浄水器を作ったメーカーがインターネットに取り付け方法の動画を上げており、それを参考にして取り付ける事も可能です。

据え置き型の浄水器の短所は、場所を取るという事です。シンクの上に設置しますので、大きな物になりますと場所を結構取ってしまいます。こうなると、ただでさえ狭かったシンクがもっと狭くなってしまい、調理がしにくくなってしまうのです。小さい据え置き型浄水器もありますので、そちらを購入するのも考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です