浄水器の据え置き型について

日本は、その高い安全性から蛇口から出てきた水をそのまま口にできる数少ない国だと言われています。

大腸菌の検出はもちろん許されず、発癌性が指摘されている総トリハロメタンは1リットル当たり0.1㎎以下です。また水道法「水質基準51項目」を定めており、これに適合することを義務付けられています。こうした厳しい基準を設定することで日本に住んでいる人は水道水を飲み続けても健康に過ごすことが可能です。

しかし、このように安全に飲むことができる日本でも浄水器の普及率は4割となっており、その人気はますます増加しています。確かに日本の水道水は安全ですが、完全なものではありません。通常の浄水処理ではすべての不純物を除去することは難しく、植物プランクトンが水中に残ることが有ります。

これが残ってしまうと水道水が生臭くなり、不味い味になります。プランクトンが発生しやすい夏場は特にそういった生臭さを感じることが多くあります。また、水道水の消毒のために欠かせない塩素も独特なカルキの臭いを発することから不快な思いをするひとが少なくありません。

水道水に含まれている塩素の量は摂取しても人体には悪影響がないとされていますが、気になる人も少なからず存在します。そういったことから日本でも浄水器を利用する人が増加しています。

浄水器の据え置き型は、本体をシンクの脇に設置するタイプのものとなっています。据え置き型は、ホースで蛇口と連結して使用するものとなっており、現在の浄水器のなかでは一般的な存在です。据え置き型は、値段が数万円から数十万円となっておりその種類の豊富な点が利点となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です