浄水器の据え置きタイプは性能の良いものが多い

水道水を活性炭やろ過膜でろ過し、残留塩素や有害なものを取り除いたり、水質を好みのものに変えたりする効果も期待される浄水器は、据え置きタイプや蛇口に取り付けるタイプ、水を入れて使うポット型のタイプなどがあります。

それぞれどれも違った特徴があり、値段や形状にも様々なものがあるため、使用する目的や使用する場所、予算などを考えて選ぶ必要があるでしょう。様々な浄水器のなかでも据え置きタイプは、他の二つの種類のものに比べて性能が高く、大きさも大型なものが多くあります。

その名前の通り、キッチンのシンクまわりなどの、水道の近くにこの浄水器を据え置きしたり壁に掛けたりするなどして設置するのが特徴です。本体と水道の蛇口をつないで水を通す形になっており、浄水と普通の水を簡単に切り替えて使い分けることができます。

浄水器の据え置きタイプのものは、大量の水を浄水することができるので、浄水されるのを待つ時間を気にせず、タップリの水をすぐに使うことができるのも特徴のひとつです。飲み水としてそのまま飲むのはもちろんのこと、料理の水として使ったり米や野菜をはじめとした食品を洗うのに使ったりする場合にも、自由に使えて便利です。

そんな浄水器の据え置きタイプのものの中には、水道水をろ過する機能に加えて、水を電気分解してアルカリイオン水を作ることができるものもあります。胃腸症状を改善する効果が期待できるとして注目されている、水素を含んだ水を家庭で手軽に作ることができるのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です