浄水器の据え置き型の特徴と魅力

いくつもの種類がある家庭用の浄水器には、据え置き型や蛇口取り付け型、ポット型などがあり、それぞれに長所や短所があるため、選択に迷ってしまうという人も多いですが、これらは購入する目的や生活スタイルに合ったものを選ぶのが大事です。

浄水器の据え置き型とは、キッチンなどの使用する水道の近くに設置して使うタイプのもので、蛇口と本体をホースでつなぎ、ろ過するようになっています。ろ過しない原水とろ過させた浄水を切り替えることは簡単で、どちらも同じ一つの蛇口から出せます。

水道の蛇口にネジ等で取り付けることが可能な、小型の蛇口取り付け型よりも大型で、設置するためのスペースが必要です。また蛇口取り付け型の浄水器より据え置き型のものは、値段も高くなる傾向にありますが、浄水能力が高く性能も高いのが魅力です。

アルカリイオン整水器・還元水素水生成器のような機能がついているものもあり、より水質にこだわる人や、健康・美容のために水を意識的に選びたい人たちに選ばれています。これらを使うと家庭の浄水器(据え置き型)で胃腸症状の改善に効果が期待できるアルカリイオン水を簡単に作ることができるのも魅力のひとつです。

このように浄水器の据え置き型は高性能なため値段も上がりますが、カートリッジの寿命が長い傾向にあり、蛇口取り付け型やポット型のものに比べると、4倍程度持ちが良いものもあります。使う目的に合っており長く使うならば、決して高いわけではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です