据え置き型浄水器のメリットデメリット

綺麗な水を手軽に手に入れたいという場合にオススメなのが、浄水器です。

浄水器なら手軽に水道水を綺麗にすることができ、安心して飲むことができるようになります。そんな浄水器にはいろいろなタイプがありますが、中でも人気なのが据え置き型のものです。据え置き型は個性豊かで様々なデザインなのが特徴です。

形状は本体をシンクの脇に設置したり、壁にかけたりして使います。蛇口からホースで水を通し、本体のノズルから浄水をくみ出すというのが一般的です。形状や大きさはいろいろなものがあり、キッチンインテリアとしても人気となっています。

据え置き型は大きいためカートリッジのろ材はいろいろなものが使われており、除去できる物質が多いのもメリットです。活性炭で塩素や有機物質、中空糸膜で細菌やカビなどを取り除いていきます。フィルターが大きい分だけろ過機能が高いというのも魅力的な部分と言えます。

価格は1万円前後のものから、数十万円と価格帯が広いのも特徴となります。価格だけではなく性能やデザインを比較したり、カートリッジの交換などの総合的なコスパなども考えて選ぶことが大切です。

このようにメリットはいろいろありますが、大きいためどうしても設置場所が必要になる、シンクが手狭になる、本体やホース周りが汚れやすくなるなどのデメリットもあるためこのような部分も考えてから購入することも重要となります。

毎日使うものですので、メリットデメリットを理解してから購入していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です