浄水器の据え置き型の特徴と人気の機能

家庭のキッチンなどで活用される浄水器には据え置き型やポット型、蛇口取り付け型などがあり、それぞれ人気を集めています。

手軽に買ってきて使い始めやすいのがポット型ですが、浄水するのに時間がかかったり少量の飲料水を作るのに向いているタイプなので、家庭で沢山のろ過した水を使いたい場合には不向きです。そのため、一度に多くの水をろ過するのに向く浄水器は、据え置き型や蛇口取り付け型のものといえます。

蛇口に取り付けて使うタイプのものは、付属のネジなどで手軽に蛇口に付けられ、水道水をろ過する仕組みのもので、置き場所をとらずコンパクトなので手軽です。カートリッジの寿命は、浄水器の据え置き型のものに比べると短いことが多いですが、手軽に使い始められるため人気があります。

浄水器の据え置き型のものは、これらに比べると価格が高くサイズも大きくなりますが、カートリッジの寿命も他のタイプのものより長く、その性能も高いものが多いのが特徴です。

活性炭やろ過膜などで水道水をろ過して塩素やカルキのニオイ、水に含まれる細菌・カビなどを除去する目的としてこの浄水器の据え置き型を購入しようと考える人も多いですが、単にろ過する以上のより高度な機能を持つ製品もあります。

水道水を電気分解してアルカリイオン水を生成することができるタイプのものは、胃腸症状を改善する効果が期待できるこの水を家庭で簡単に使えるため、健康に関心の高い人にも人気を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です