据え置き型の浄水器にメリットが多い

一昔前の水道水は特に都市部では臭いが気になる、おいしくないなどの問題があり浄水器を設置する家庭も多くありました。

しかし今では上水道の浄化システムも改善され臭いも味も全く気にならないくらいきれいな水が利用できるようになりました。しかし安全しいを高めるため塩素などでの消毒は欠かせないのが現状でどうしても残留塩素が残りカルキ臭さが気になる人もおられます。

安心して水道水を利用するには浄水器が必要で浄水器には2種類あり蛇口直結型と据え置き型に分かれます。蛇口直結型を使う人が多く設置も簡単で場所を取らないのが魅力ですが、安全でおいしい水を使いたい人は据え置き型がおすすめです。

据え置き型の浄水器は何といっても不純物を取り除く性能が高いことが魅力で、体に悪影響を与える鉛の除去をしっかり行うことができます。しかも面倒なフィルターの交換も蛇口直結型よりはるかに長持ちをします。据え置き型のデメリットは置き場所が必要なことで台所が狭い人には不便さを感じるかもしれません。

しかし浄水器は何といっても浄水能力が高いことが必要不可欠なので、赤ちゃんでも安心して水を飲むことだけでなく料理のことを考えると多くの水が使え不純物を確実に取り除ける据え置き型にメリットがあります。

各メーカーから新しいものが次々に発売されて多くの商品がありますが、目的を考え長期間利用することを考えると少し高くても安全なものを選ぶと安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です